フランスの未来 守る為のお花とロウソク(追記) "Les méchants, c'est pas très gentil."『悪い人たちは、ちっとも優しくない人達』

0
    パリ関連のニュースは、辛いものが多い中、
    これは素晴らしかったので、フランス語を訳してみました。

    子供って、すごいですね。受け答えするお父さんも素晴らしい。
    こういう子供たちが、平和な未来を作っていくのではないでしょうか?
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ↓話してる姿がかわいいので、フランス語が分からなくても、見てみてください!

    "Les méchants, c'est pas très gentil." Traduction japonaise 
    『悪い人たちは、ちっとも優しくない人達』日本語訳

     
    記者:何が起こったか分かってる?
       なぜ彼らがあんなことをしたか、わかってる?
     
    子:うん。
      だって、彼らは、
      とても、とても、とても、悪い人たちだから。
      悪い人たちは、ちっとも優しくない人たちだからね、悪い人たちはね。
      それに、本当に気をつけなくちゃ、引っ越さなくちゃならない...
     
    父:安心して。引っ越しすることないよ。
          フランスが我が家だよ。

     
    子:でも、悪い人がいるんだよ、パパ...
     
    父:悪い人は、どこにだっているさ。
      どこにだっているんだよ。

    子:あの人たちは、ピストルをもっているんだよ。
      僕たちを撃つかもしれない、
      だって、とても、とても、悪い人たちなんだもん、パパ...

     
    父:確かに彼らはピストルを持っているけど、
      私たちには花がある。

     
    子:でも花なんて、何の役にも立たないよ、
      何のための、何のための、何の...
     
    父:見てごらん。みんなお花を置いてるね。
      これは、ピストルと戦っているということなんだよ。

     
    子:これは、守るため?
     
    父:そうだよ。
     
    子:ロウソクも?
     
    父:旅立った人達を忘れないためにね。
     
    子:ふ〜ん。僕たちを守るための、お花とロウソクなの?
     
    父:そう。(にっこり)
     
    子:(にっこり)
     
    記者:ちょっとは安心した?
     
    子:うん。マシになった。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    私がすごいなと思ったのは、
    父親が、お花でピストルと『戦う(combattre)』
    と言ったのを聞いただけで、
    子供が、『守る為?』と、
    ちゃんと自分で考えて、
    『守るproteger』という言葉を導き出した所。
    (オウム返しではないのよね。)

    あと、大人たちが急かしたりせずに、
    きちんと子供の言う事を聞いている姿勢に関心した。

    こういう子は、将来、おかしなことをしたりしないだろう。
    (逆に、なにかやってしまう人って、
    こういう経験がないのではないか?と思ってしまった。)

    大人に余裕がないと、色んな不均衡が生まれやすいですね。
     

    平和って?

    0
      パリ同時多発テロに、心を痛めております。

      四年間住んだパリが、こんな事になるなんて。

      私が留学していた時期は、
      コソボ紛争のちょっと後で、
      クラスメイトには、
      コソボから命からがら逃げてきたという人がいた。

      レバノン内戦で国を追われ、
      フランス語圏のコートジボワール(アフリカ)に移住し、
      母語となったフランス語で教育が受けられると、
      パリに来た人がいた。

      カンボジアからの難民の人がいた。

      ベトナム移民の人がいた。

      北アフリカ、アルジェリアからの留学生、
      ベルギー、
      カナダ、
      ギリシャ、
      キプロス島、
      ポルトガル、
      スペイン、
      アルゼンチン、
      スウェーデン、
      韓国、
      中国等々、
      そして日本からの留学生(私)。

      もちろんフランス人も。

      見事に、多民族、多宗教、多国籍だ。

      それで、クラス内で戦争が起きたか?!
      起きるわけない。

      むしろすごく『平和』だった。
      日本の学生生活よりも平和だった。
      (人は人、自分は自分なので、競争心がない。上下関係がない。)

      私は、これが『パリ』だと思ってた。
      それが、ちょっと崩れた。

      でも、市民の良心は、失われていなかった。

      出典 huffingtonpost:
      『避難先に困ったら、うちにおいで』Twitterで呼びかける #PorteOuverte

      Porteが『扉』で、Ouverteが『開かれた』と言う意味です。
      『外にいると危険だから、
      避難するところが無かったら家に来て。
      扉は開かれています。』
      というのをやっていたらしい。

      まだ、逃走犯がいるかもしれない時期に、
      これをしていたのかと思うと、
      なんて勇敢なのだろうと思った。

      自分だったら、出来ただろうか?と考えさせられた。
      そもそも、思いついていたか?
      パニックになってて、ダメだったかも…

      それと、負傷した人の為に、献血も盛んに行われたそうです。
      (一時、受付を取りやめるほどに!)
      出典 NHK NEWS WEB:
      パリ 献血の動き広がる 現地には献花

      実質的で、すぐに役立つ行動ですね。

      両方とも、それこそ、
      人種、宗教、国籍を超えてやっていたのではないかと思う。

      まさしく、フランス共和国が掲げる標語、
      『自由、平等、博愛』の精神ではなかっただろうか?

      甘っちょろいのかもしれないけれど、
      やはり、こちらを信じたい。

      長い目で見て、
      将来の事を考えると、やはり、
      『教育』と『職業』の、
      『自由』と『平等』が大切だと思う。
      (もちろん『博愛』も!)
      それらが、『平和』を作っていくと思う。

      まだ、ショックを受けていて、
      まとまっていないのだけれど、
      今の気持ちを書いてみました。

      亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。
         
      JUGEMテーマ:PARIS

      ノエミ Noemie  単品・お買い得 白縁取り・黒ワンピース←売り切れました!

      0

        ショップページで、他の商品と比べたい方は、こちら!
          にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村
        カジュアルファッション ブログランキングへ
         

        返品について←変更しました!

        0
          1.布ナプキンは、製品の特性上(衛生面で)、返品は承りません。

          しかし、布ナプキンの明らかな縫製不良に関しては、返品・交換を承ります。
          ただし、使用していないものに限ります。

          返品を希望の方は、商品受け取りから5日以内に、
          『布ナプキン返品or交換希望』の件名で、info★lingerieholics.com(★をアットマークに変えてください)へ
          以下の項目を記入の上、メールでご連絡ください。

          『氏名』『商品名』『連絡先電話番号』『返金先の金融機関名、店番、口座番号』、

          返品の商品を受け取り、商品の状態を確認後、1週間以内にご返金させていただきます。

          不良品の場合、返品の送料もこちらでお支払いたします。

          2.古本、古着も、1点物が多いので、基本的に、返品・交換不可です。
          記載されている状態をご確認の上、ご購入下さい。

          特定商取引法に基づく表記もご確認下さい。こちら!

          JUGEMテーマ:古道具*レトロ雑貨*こども服*ハンドメイド*アンティーク*古本*古着*骨董*その他雑貨などのお店情報
          JUGEMテーマ:コーディネート
          にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布ナプキンへにほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村
          カジュアルファッション ブログランキングへ 布ナプキン ブログランキングへ
          手芸・ハンドクラフト ブログランキングへ

          送料について(一部、無料に変更しました!はこBOON発送の古着)

          0

            古着の送料
            1.送料無料!の、はこBOON(配送に若干時間がかかります)と、
            2.料金は高めですが翌日配送 宅急便(ヤマト運輸)の、
            二種類から選べます。

            布ナプキン、古本の送料
            3.全国一律164円の郵便クリックポストでお届けします。
            (布ナプキン、古本、片方でも、合わせてでも、
            15,000円以上お買い上げで、送料無料です!)

            詳しい説明は、以下の通りです。
            -----------------------------------------------------------------------
            1.はこBOON 古着の送料無料! (HPは、こちら!
            お届け日数は、宅急便よりも時間がかかります。
            しかし、送料無料です。
            (布ナプキンのみ、同梱できます!古本は不可。)

            お届け日数は、こちら!
            ↑出発地:東京・関東の所をみてください。
            ------------------------------------------------------------------------
            2.ヤマト運輸
            ヤマト運輸の料金はこちら! 
            (ヤマト運輸は、いくらお買い上げいただいても、送料無料にはなりません。)


            古着は、さかばるので、箱が大きくなり、
            宅配便だと料金が割高になりやすいです。
            (箱の大きさで料金が決まるので)

            料金が高くても、
            早く受け取りたい方は、ヤマト運輸をお選びください。
            (布ナプキンのみ、同梱できます!古本は不可。)

            箱の大きさの目安:
            軽衣料(Tシャツ、ブラウス、ミニスカート等)4〜5枚くらいで、
            80〜100サイズ

            重衣料(ロングパンツ、ジャケット、コート等)3〜5枚くらいで、
            100〜140サイズ
            が目安となります。

            ご注文確定後、正確な配送料をお知らせします。
            ---------------------------------------------------------------------------------
            3.布ナプキンと、古本の送料

            布ナプキンと古本は、全国均一164円のお手頃の送料の

            郵便クリックポストでお送りします。(同梱できます!)

            布ナプキン、あるいは古本、あるいは両方でも、
            お買い上げ金額15,000円以上の場合、送料無料です!


            ・追跡番号あり。
            ・ポストに投函。
            ・商品の紛失、破損保障なし。
            郵便クリックポストとは?

            古本、布ナプキンを数多く注文いただいた場合、
            一つの梱包に入りきらないので、
            いくつかに分けて発送する場合があります。
            (送料は164円のままです。)

            古本をお買い上げ15,000円以上の場合、
            はこBOONで発送いたします。(送料は無料です)



            JUGEMテーマ:古道具*レトロ雑貨*こども服*ハンドメイド*アンティーク*古本*古着*骨董*その他雑貨などのお店情報
            JUGEMテーマ:コーディネート
            にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布ナプキンへにほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村
            カジュアルファッション ブログランキングへ 布ナプキン ブログランキングへ
            手芸・ハンドクラフト ブログランキングへ

            古着に関する、注意と利点 (加筆&修正)

            0
              この世にあふれる、沢山の古着の中から、
              『これは、良い!』と思って、
              探し出してきたお洋服達は、
              セスキ炭酸ソーダ(汚れと、においが良く落ちる)で洗い、
              一点一点、丁寧にアイロンがけして、
              シミや、破れを点検して、
              ボタンが取れかけていたら付け直します。

              ドライクリーニング表示の物も(セーター類、一部のパンツ、スカートなど)、
              中性洗剤で洗えるものは洗ってアイロンかけています。
              (その方がドライクリーニングよりも、汚れが落ちるので。)

              毛玉が出来ていたら取り除き、丁寧にブラッシングをしています。
              (↑ウールの毛玉は、柔らかいので取れます。)

              ポリエステルの毛玉は硬くて取れないので、
              毛玉の出来たものは、
              取り扱っておりません。
              (↑こうした素材による選択も、長い期間、着るための工夫の一つかもしれません)

              本当にドライしかダメそうなもので(主に、コート・ジャケット、パンツ、スカートなど)
              目立った汚れがないものは、
              防虫、消臭効果のあるスチームアイロンと陰干しをしています。
              (物によっては、ドライクリーニングに出しています。
              それぞれの商品を確認してください。)

              この様に、丁寧に、洗濯、点検、お手入れをして、
              良い状態にして商品化しています。

              ですので、大体の物は、古着とはいっても、
              綺麗な方だと思います。
              (結構、洗濯もアイロンもせず、汚いまま売っている古着屋さん、多いのですよ〜。)

              それでもやはり古着ですので、
              本当に、ごく一部の商品なのですが、
              稀に、古着独特のにおいが残ってしまう場合もあります。

              最近の物は、体臭と言うよりは、
              柔軟剤や消臭剤(ファブ○ーズ的なもの)のにおいが残っているものが多いです。
              (それか、全部が混じったにおい)

              しかし、もし、においが残る古着だとしても、
              何度か洗濯すれば、大抵のにおいはとれます。

              においの事なので、文章での表現が難しいのですが、
              例えて書くなら、

              においのあるものを、
              におい100とすると、
                   ↓ 私がする一度目の洗濯
              におい30
                   ↓二度目の洗濯
              におい10
                   ↓三度目の洗濯
              におい、ほとんどなし、

              と言った感じです。

              しかも、私はかなり鼻が利く方らしく、
              家族に言わせると、におい30くらいの時点で、
              ほとんど、におわないそうです。

              私がにおいを感じなくなるまで洗う、という事も考えました。

              しかし、着て汚れてから洗うのは普通ですが、
              着る前に何度も洗うというのは、
              なんだか、水(資源)の無駄な感じがしますし、
              その数回分だけ早く、お洋服が古びてしまいそうだし、
              それぞれのお好みの洗濯方法もあるでしょうから、
              (私は主にセスキ炭酸ソーダで洗いますが、お気に入りの洗剤で洗いたい等あるでしょう)
              一回の洗濯という事にしました。

              ですので、ご購入後、着る前に、
              ご自分がいつもしている方法で、洗濯したほうが良いと思います。
              (そうやって、自分で手入れをすることで、
              ご自分の物と言う愛着がわいてくるでしょう)

              このように、ちょっと新品の物よりもちょっとだけ手がかかりますが、
              その手間をかけたとしても余りあるほど、古着の世界は面白いです。

              流行も関係なく長く着れますし、
              新品の服では出せないニュアンス、個性があって、人と被る事も少ないですし。
              さらに、時間と手間とコストも節約できちゃいます。
              (さらにくわしくは、コンセプトもみてください!こちら!

              そんな古着の世界を利用して、本当に自分のスタイルをみつけてみませんか?

              しかし、あまりにも綺麗好きの方は無理せずに、
              新品で似たものを探してみてください。
              (コーディネイトの参考に、うちのサイトを見ていただくのは、大歓迎です!)

              古着は、大体、一点ものです。
              極稀に、単品でしたら同じものが手に入る場合もありますが、
              コーディネイトの物は、それぞれの組み合わせが一期一会です。
              気に入ったら、お早めにどうぞ!

              JUGEMテーマ:古道具*レトロ雑貨*こども服*ハンドメイド*アンティーク*古本*古着*骨董*その他雑貨などのお店情報
              JUGEMテーマ:コーディネート
              にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布ナプキンへにほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村
              カジュアルファッション ブログランキングへ 布ナプキン ブログランキングへ
              手芸・ハンドクラフト ブログランキングへ

              アート&手芸の古本屋 アーツ&クラフツ・ブッカホリックスArts&Crafts Bookaholicsとは?(コンセプト的な物)

              0
                世の中に古本屋さんって、沢山あるのですが、
                実は、女性向けの古本屋さんって、少ないと思うのです。
                古本業界全体も、割と『男の世界』ですし。

                ましてや、手芸や洋裁の本などは、
                なんとなく買取りしたものを売っているだけで、
                内容を理解して売っている所は、
                ほとんどないのではないかと思っております。

                新本の書店員さんでも、内容まで理解している方は、少ないようです。

                そもそも、手芸洋裁の本自体が、
                本の中でも、ちょっと特殊で、
                新しい本でも、発行部数が少ないのか、
                ちょっと時間を置くと、すぐに本屋さんから消えていることも多いのです。

                ですので、古本で探すのに、向いている本だとも言えると思います。

                それなのに、なんとなく、古本業界のなかでも、
                どう説明して、どう売って行くかが、まだ定まっていない存在というか。。。

                私は一応、日本で服飾の学校で3年勉強して卒業し、
                フランスの服飾学校のランジェリー科で2年勉強したので、
                本の内容を理解しています。

                特に『洋裁』と、選択授業で取っていた『帽子』に強いです。
                『ニット』、『手芸』は、自分が作るのは得意ではないけれど、
                技術的な内容は理解しています。
                (ランジェリーも得意だけれど、本自体が発刊されていない。。。)

                ですので、
                手芸・洋裁古本の特徴、面白さをお伝えできるのではないかと思っています。

                昭和のレトロな本の、内容の濃さ、
                基本を大事にしていて、省略してない感じ。

                最近の本の、誰でも簡単に作れるように、
                作る事へのハードルを低くした功績。

                どちらも、良い面があると思います。

                今後も、そういった面白さ、内容を、
                皆さんにお伝えできたらと思い、
                このアーツ&クラフツ・ブッカホリックスArts & Crafts Bookaholicsを作りました。

                手芸・洋裁の古本の世界は、ディープで面白いですよ〜。
                本当に、かしこく、かわいく、過ごす、知恵の宝庫ですよ〜。

                前から、大好きな古本を使って、
                皆さんのお役にたちたいと考えていたので、
                こうして古本屋さんが出来て、本当にうれしいです。

                ご一緒に、
                かしこく、かわいく、いきましょう!

                アート&クラフツ・ブッカホリックス Arts & Crafts Bookaholicsの
                ショップは、こちら!
                 
                JUGEMテーマ:ソーイング♪

                にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布ナプキンへにほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
                にほんブログ村
                カジュアルファッション ブログランキングへ 布ナプキン ブログランキングへ

                手芸・ハンドクラフト ブログランキングへ

                古本の品質レベル

                0
                  アーツ&クラフツ ブッカホリックスでの
                  古本の品質基準を作ってみました。

                  大体以下の6つに分けられると思います。
                  -------------------------------------------------
                  S.新品の返品本。
                  R.レトロ本(50年代、60年代、70年代、80年代)の古本。
                      品質レベルは個別に表記します。
                    A.使用感が見られない綺麗な古本。
                    B.多少の使用感はあるが、
                      破れ、汚れ等がない綺麗な古本。
                    C.小さな破れ、汚れはあるが、
                      読むのに支障がない古本。
                    D.大きな破れ、汚れがあり、
                      読むのに支障がある古本。ジャンク品。  部分的には使える所があると思うので、
                      必要な部分だけ資料等にするなどの使い方がお勧めです。
                  --------------------------------------------------------
                  古本は、表表紙、裏表紙など、
                  拭き取れるところは、アルコール除菌しています。

                  におい、カビ対策として、陰干しもしています。

                  しかしながら、やはり古いものなので、
                  あまりに綺麗好きな方は無理しないで、
                  新本を探してください。

                  それでもやはり、古本でしか見つけられないものもあります。

                  そういったものを見つけ出し、楽しむお手伝いできたらと思っております。

                  にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布ナプキンへにほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
                  にほんブログ村
                  カジュアルファッション ブログランキングへ 布ナプキン ブログランキングへ

                  手芸・ハンドクラフト ブログランキングへ

                  フランス映画的古着屋 フレンチ・シネマ・ホリックスとは?(コンセプト的なもの)

                  0
                    コーディネイトが苦手な方、
                    どんな服を買ったら良いのか分からない方の為に

                    フランス映画的古着屋
                    フレンチ・シネマ・ホリックスを作りました

                    フランス映画に出てくる女の人は、
                    なぜか、普通の人が多い。
                     
                    億万長者でも、お姫様でも、クラスの人気者でもない。
                     
                    例えば、映画『アメリ』のアメリは、カフェの店員さん。
                    『シェルブールの雨傘』のジュヌヴィエーヴは
                    傘屋さんの娘さん(カトリーヌ・ドヌーブなのに!)

                     
                    そんな普通の女の人は、
                    とても『普通』の格好をしている。

                    『最新モード・ファッション!』ではなく、
                    『衣食住』の『衣』という感じで、
                    とても日常っぽいの普段着です。

                     
                    ひとつひとつのアイテムも、
                    特に目立つような特徴もなく、
                    極々普通の「Tシャツ」+「ジーンズ」、
                    「ワンピース」+「カーディガン」、
                    「カットソー」+「スカート」という格好なのである。

                     
                    それなのに、なぜか、全体のコーディネイトでみると、
                    とてもその人らしい(その役柄らしい?)格好をしている。

                     
                    逆かな?
                    特に特徴がない服を着ているからこそ、
                    逆に、その人の個性が引き出されているのかもしれません。

                     
                    『その人らしい、普通のかわいらしさを表現できる服』
                    フランス映画には、そんなヒントが沢山詰まっています。

                     
                    そんなスタイルを、古着で、
                    セレクト&コーディネイトしてみました。

                     
                    実際に存在する映画の役柄に近いコーディネイト。
                    (例:ジーン・セバーグが『悲しみよこんにちは』でしていコーディネート)

                     
                    役柄の女の子が、別の日に着ていそうなもの。
                    (例:アメリが、映画に出ていない日(?)に着ていそうなコーディネート)

                     
                    フランスの女優さんをイメージした服。
                    (例:カトリーヌ・ドヌーブが普段着ていそうなコーディネート)

                     
                    実在する映画ではないけれど、
                    『こんな女の人、フランス映画に出てきそうだな〜』
                    という女の人等。
                    (これは私がフランス留学中に、町で見かけた女の人や、クラスメートからヒントを得ました)


                    等々、フランス映画のイメージを膨らませて、
                    色々なタイプを用意しました。

                     
                    よく雑誌などで『着回しコーディネイト』的な特集がありますが、
                    あれのフランス映画版のイメージです。

                     


                    古着をうまく利用して、自分らしいスタイルを!
                    服選びにエネルギーを使いすぎないようにして、
                    他の事に使える
                    『ゆとり』と『自由』を手に入れよう!

                    普通に売っている新品の服は、
                    その時々の流行の服を扱っていて、
                    同じシーズンだと、どのブランドでも、
                    どことなく似通っています。(同じ流行を追っているので)


                    そして次の年には、
                    すでに
                    流行遅れで古くさく感じられて、着られなくなる。

                    なので、また、新たに買いなおさなくてはならなくなる、
                    という、
                    とても短いサイクルになってしまう

                     
                    「好きな服」も「似合う服」も、
                    毎年変わるわけじゃないのに、おかしいですよねぇ。

                     
                    自分に似合うと思っているスタイルの服があっても、
                    そのスタイルが流行っていない場合は、
                    売り場にはないので、

                    『その人らしい普通のかわいさ』を
                    表現する服を見つけるのは、なかなか大変です。

                     
                    しかし古着ならば、過去の蓄積で、
                    いままでのアーカイブみたいなものなので、
                    今ではもう売っていない色や形のものも
                    手に入れることが可能ですし、
                    流行が関係ないので、長い期間着られます
                     
                    そんな風に、新しい服だけではなかなか表現しきれない
                    フランス映画のイメージを、
                    地球にも、自分にも、おサイフにも優しい古着を使って、
                    楽しみながら、自分のスタイルに合った
                    『普通にかわいい服』を一緒に探してみませんか?


                    いままで古着に興味がなかった方、

                    古着に興味はあったけれど
                    どんなものを選んだら良いのか分からなかった方、

                    ただ単純に、コーディネイトが苦手な方にも、
                    『フランス映画のイメージ』で、
                    すでにセレクトしてあり、
                    コーディネイトもしてある
                    フレンチ・シネマ・ホリックスでなら、
                    自分に合うスタイルを見つけやすいのではないかと思います。

                     
                    古着を使って、
                    『普通にかわいい自分らしいスタイルの服』を
                    見つけることが出来るようになったら、
                    巷に溢れてる流行の服に
                    目移りすることもなくなります。

                     
                    そうすると、流行に流されることもなくなり、
                    セール時期に買わないと損をするんじゃないかと
                    ソワソワすることもなくなり、
                    今まで洋服選びに使っていた時間もお金もエネルギーも
                    節約できて、他の事に使えるようになり、自由が増えます。

                     
                    自分のスタイルを見つけけてしまえば、
                    服選びも、コーディネイトも簡単になって、
                    気持ちにも余裕が生まれ、

                    自分に自信を持って、自分らしくいられるようになります。

                     
                    『古着』という新たな選択肢をプラスことによって、
                    そんなお手伝いが出来たらと思い、
                    このフランス映画的古着屋
                    <フレンチ・シネマ・ホリックスfrench-cinéma-holics>
                    作りました。

                    もともと大好きな『古着』と『映画』で、
                    何か、人に喜ばれることが出来ないものかと、
                    数年前から考えていたので、
                    いま、この様な形で、お店が出来て、
                    本当にうれしく思っております。

                     
                    ブログを見て頂くだけでも、
                    どんなものを選べばよいのか、
                    どういうコーディネイトをすれば良いのかが
                    分かっていくと思いますので、
                    是非、楽しんでいただけたらと思います。


                    一緒に、『かしこく、かわいく、いきましょう!』

                    フランス映画的古着屋 フレンチ・シネマ・ホリックス French-cinema-holicsの
                    ショップはこちらです!
                     
                    JUGEMテーマ:コーディネート
                    にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布ナプキンへにほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
                    にほんブログ村
                    カジュアルファッション ブログランキングへ 布ナプキン ブログランキングへ

                    手芸・ハンドクラフト ブログランキングへ

                    古着屋と古本屋さんも始めました!お店の名前も変えました!

                    0
                      みなさん、こんにちは!
                      はじめましての方も、前から知っている方も、
                      よろしくお願いいたします。

                      ランジェリーホリックスという、布ナプキン屋をしている齋藤です。
                      (旧ブログは、こちら!

                      今までの布ナプキン屋にプラスして、
                      フランス映画的古着屋 <フレンチ・シネマ・ホリックスFrench-cinéma-holics>という
                      フランス映画をテーマにした
                      コーディネイト古着屋さんをオープンしました!(ショップはこちら!

                      どんな服を買ったら良いのかわからない方や、
                      コーディネイトが苦手な方の為の古着屋です。
                      詳しいコンセプトは、こちら!

                      それと、
                      手芸とアートの古本屋 <アーツ&クラフツ・ブッカホリックスArts&Crats bookaholics>という、
                      昔の知恵を、今現在の生活に活かせるようなレトロな手芸本や、
                      面白そうな洋裁・手芸の古本屋さんをオープンしました!(ショップはこちら!

                      手芸の古本って、ある意味、独特な世界なので、
                      手作りしてみたいけれど、どんな本を買ったら良いのかわから居ない方に向けて、
                      どういったところがお勧めなのか、きちんと解説して、
                      その楽しさ、面白さをお伝えできたらと思っております。
                      コンセプトは、こちら!

                      それに伴いまして、
                      お店の名前をランジェリーホリックスから、
                      エシカホリックEthicaholics』へ変更しました。

                      こんな感じで、
                      『エシカホリックEthicaholics』というお店の中に↑
                      布ナプキン屋の『ランジェリーホリックスLingerieholics』と、
                      古着屋の『フレンチ・シネマ・ホリックスFrench-cinéma-holics』と、
                      古本屋の『アーツ&クラフツ ブッカホリックスArts&Crats Bookaholics』があるというイメージです。

                      セレクトショップのような感じでしょうか?


                      『Ethicaholicsエシカホリックス』の意味は、
                      エシカルethical(倫理的)の名詞形 ethic エシックに、
                      いつものように(?)ホリックスholics(中毒)をくっつけて、
                      ethicaholicsエシカホリックス(倫理中毒)です。

                      余談ですが、 -holicsの前は、「a」を入れるらしいです。
                      〈例:workaholicワーカホリック〉)

                      『ethic(エシック)倫理』などと言うと、
                      とても
                      堅苦しく、難しい気もしますが、
                      実はそんなこともなく、
                      『自分で考えて、とりあえず自分で出来そうなことをやってみる』
                      くらいの感じで良いのではないかと思ってます。

                      しかも、このブログのタイトル、
                      『かしこく、かわいく、いきましょう(行きましょう&生きましょう)』のように、
                      『かわいさ』を忘れずに!

                      楽しくないことや、無理してやっている事は続きませんし、
                      100%完璧にやる人が10人いるよりも、
                      ちょっとでも色んなことに気を付ける人が沢山いる方が、
                      人や環境への影響は大きいのではないかと思います。

                      これからも、このブログで、どういった事がエシカルか、
                      そして、どうやって、かしこく、かわいくを実行できるかを
                      お伝えできたらと思っております。

                      大好きな古着と、映画と、古本で
                      何か、人の役に立てることが出来ないかと、
                      ずっと考えてきましたので、
                      いま、こうしてオープンすることが出来て、
                      大変うれしく思っております。

                      エシカルを意識しつつ、無理しない程度に、
                      ご一緒に、かしこく、かわいく、いきましょ〜。

                      にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布ナプキンへにほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
                      にほんブログ村
                      カジュアルファッション ブログランキングへ 布ナプキン ブログランキングへ

                      手芸・ハンドクラフト ブログランキングへ


                      profile

                      search this site.

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      twitter

                      facebookページ

                      instagram インスタグラム

                      にほんブログ村

                      PVアクセスランキング にほんブログ村

                      links

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM