ベアトリス BEATRICE 黒 ウール ステンカラー ロング・コート ←売り切れました!

0
    にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村
    カジュアルファッション ブログランキングへ
     

    デルフィーヌDELPHINE マスタード・イエロー ロング・ダッフルコート←売り切れました!

    0

      このコートは、特に何かの映画のイメージは無いのですが、
      これほどフランスらしいデザインのダッフルコートは、
      なかなか無いのでないかと思います。


      どこが『フランスらしい』のかと言うと、
      『かっちりしていない』所です。

      普通、ダッフルコートは、肩幅、身幅がそれほど広くなく、
      縦長なスクエアのかっちりした形をしており、
      生地も厚く、重厚なイメージ。

      どちらかというと、
      きっちりしたイギリスっぽいというか、制服っぽいというか、
      トラッドな雰囲気がありますね。

      なぜなら、元々は北欧の船乗りさんたちの防寒コートだったものを、
      もう少し洗練させて、イギリス海軍が軍用コートとして使われていました。

      それが戦後、払下げされて、一般化したのが、
      今のダッフルコートの原型になったからです。

      しかし、このダッフルコートは、 身幅が広くたっぷりしていて、
      全く『かっちりしてない』のです。

      生地も薄めなので、重くないですし、
      肩がドロップしていて、 適度にラフな感じがフランスっぽいのです。

      肩が8cmくらいドロップしている。 木製のトルグ・ボタンを麻ひもで留めている
           ↓                      ↓

      これは、どちらかと言うと、
      元々の北欧の船乗りさんの防寒コートから着想を得て、
      それに、フランス味をプラスしたデザインなのではないかと思います。

      船乗りさんバージョンは、
      とても身幅が広くたっぷりしていて、
      木製のトルグ・ボタン
      (元々は『釣りの浮き』だったのではないかと言われています)が、
      麻紐で留められています。

      これは手袋をしたままでも
      留められるようにするための工夫だったそうです。
      (さすが、寒い所の生活の知恵ですね!)

      大きなフードも、帽子をしたまま、
      かぶれる工夫だそうです。

      こういった、実用着+ちょっぴりのおしゃれ感、
      と言うのが、フランスは上手な気がします。
      (日本製と書いてかりますが、
      フランスのブランドなので、
      デザインはフランスでされたのではないかと思います。)

      私は身長156僂覆里任垢、着ると膝下までの長さです。

      身幅はたっぷりしていますが、 生地がしなやかなので、
      自然と体にそって、包む込む感じで、
      太って見えたりは、全くしないです。

      むしろ、これを着ると、
      急に、自分が華奢な人になったみたいで楽しいです。

      身幅が広いので、中に着るものも選ばず、
      ジャケット着た上からでも着れます。
      (最近、ジャケットの上に着れるコートって少ない気がします。)

      もっと言うと、妊婦さんでも着れると思います。

      最近、ダッフルは短め丈が多いですし、
      色もマスタードのものは少ないので、
      なかなか珍しく、手に入りにくいのではないかと思います。

      アイテムと、素材、ディティールの紹介:
        
      ドライ・クリーニング済みです。

      表地 毛90%
      ナイロン10%

      裏地なしの一枚仕立て

      MON AMI PIERLOT DESIGN CLAUDIE PIERLOT
      (モナミ・ピエルロ デザイン クローディー・ピエルロ)
      (株)ストックマン
      日本製

      フランスの『クローディー・ピエルロ』というブランドの、
      姉妹ブランドです。

      一見、普通っぽいのだけれど、どこか遊び心があって、
      ちょっと洒落てて素敵なのです。

      私がフランスにいた時も、好きなブランドだったのですが、
      日本に帰って来てからも、日本でも販売してることを知りました。

      しかし、数年前に、いつの間にか、日本から撤退していたようで、
      これからは、なかなか手に入りにくくなるのではないかと思います。

      サイズ:T2
      Mサイズくらい。
      着丈93cm(身長156cmの私が着て、膝下くらいの長さです。)
      身幅68cm(たっぷり目です)
      肩幅50cm(ドロップ分8cm)
      袖丈53cm(ドロップ分を合わせて61cm)私が着て、手の甲が隠れるくらいの長さです。

      サイズはブランドによって表記と実際の大きさが違う事もあるですが、
      こちらは、大体、普段、9号(9AR)、
      Mサイズが合う方に着ていただけると思います。
      (参考サイズ表)

      古着品質レベル:A.数回着用した感はあるが、           
                ダメージは皆無、まだまだ綺麗なお品です。           
                ドライ・クリーニング済みです。

      古着品質レベルに関しては、こちら!をご確認ください。

      ※色について 出来るだけ実際の色に近いように心がけておりますが、
      お使いのモニターによって色が違って見えてしまうことがあります。
      あらかじめご了承ください。
      どうしても色が気になる方はお問い合わせください。
      (例えば、ブルー寄りの冴えたピンクですとか、イエロー寄りのピンク(サーモンピンク)です、
      などと、イメージでお答えします。)

      はこBOONでの発送は、送料無料です!
      ただし、お届けに少し、日数がかかります。
      送料が高くても早く届けて欲しい方は、
      ヤマト運輸をお選びください。
      詳しくは、こちら!

      返品については、こちら!

      古着に関する、注意と利点は、こちら!に書いてますので、
      ご確認の上、ご検討いただけたらと思います。

      ショップページはこちら! 
      売り切れましてた!

      にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布ナプキンへにほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへにほんブログ村
      カジュアルファッション ブログランキングへ 布ナプキン ブログランキングへ
      手芸・ハンドクラフト ブログランキングへ

      ノエミ Noemie  単品・お買い得 白縁取り・黒ワンピース←売り切れました!

      0

        ショップページで、他の商品と比べたい方は、こちら!
          にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村
        カジュアルファッション ブログランキングへ
         

        フランス映画的古着屋 フレンチ・シネマ・ホリックスとは?(コンセプト的なもの)

        0
          コーディネイトが苦手な方、
          どんな服を買ったら良いのか分からない方の為に

          フランス映画的古着屋
          フレンチ・シネマ・ホリックスを作りました

          フランス映画に出てくる女の人は、
          なぜか、普通の人が多い。
           
          億万長者でも、お姫様でも、クラスの人気者でもない。
           
          例えば、映画『アメリ』のアメリは、カフェの店員さん。
          『シェルブールの雨傘』のジュヌヴィエーヴは
          傘屋さんの娘さん(カトリーヌ・ドヌーブなのに!)

           
          そんな普通の女の人は、
          とても『普通』の格好をしている。

          『最新モード・ファッション!』ではなく、
          『衣食住』の『衣』という感じで、
          とても日常っぽいの普段着です。

           
          ひとつひとつのアイテムも、
          特に目立つような特徴もなく、
          極々普通の「Tシャツ」+「ジーンズ」、
          「ワンピース」+「カーディガン」、
          「カットソー」+「スカート」という格好なのである。

           
          それなのに、なぜか、全体のコーディネイトでみると、
          とてもその人らしい(その役柄らしい?)格好をしている。

           
          逆かな?
          特に特徴がない服を着ているからこそ、
          逆に、その人の個性が引き出されているのかもしれません。

           
          『その人らしい、普通のかわいらしさを表現できる服』
          フランス映画には、そんなヒントが沢山詰まっています。

           
          そんなスタイルを、古着で、
          セレクト&コーディネイトしてみました。

           
          実際に存在する映画の役柄に近いコーディネイト。
          (例:ジーン・セバーグが『悲しみよこんにちは』でしていコーディネート)

           
          役柄の女の子が、別の日に着ていそうなもの。
          (例:アメリが、映画に出ていない日(?)に着ていそうなコーディネート)

           
          フランスの女優さんをイメージした服。
          (例:カトリーヌ・ドヌーブが普段着ていそうなコーディネート)

           
          実在する映画ではないけれど、
          『こんな女の人、フランス映画に出てきそうだな〜』
          という女の人等。
          (これは私がフランス留学中に、町で見かけた女の人や、クラスメートからヒントを得ました)


          等々、フランス映画のイメージを膨らませて、
          色々なタイプを用意しました。

           
          よく雑誌などで『着回しコーディネイト』的な特集がありますが、
          あれのフランス映画版のイメージです。

           


          古着をうまく利用して、自分らしいスタイルを!
          服選びにエネルギーを使いすぎないようにして、
          他の事に使える
          『ゆとり』と『自由』を手に入れよう!

          普通に売っている新品の服は、
          その時々の流行の服を扱っていて、
          同じシーズンだと、どのブランドでも、
          どことなく似通っています。(同じ流行を追っているので)


          そして次の年には、
          すでに
          流行遅れで古くさく感じられて、着られなくなる。

          なので、また、新たに買いなおさなくてはならなくなる、
          という、
          とても短いサイクルになってしまう

           
          「好きな服」も「似合う服」も、
          毎年変わるわけじゃないのに、おかしいですよねぇ。

           
          自分に似合うと思っているスタイルの服があっても、
          そのスタイルが流行っていない場合は、
          売り場にはないので、

          『その人らしい普通のかわいさ』を
          表現する服を見つけるのは、なかなか大変です。

           
          しかし古着ならば、過去の蓄積で、
          いままでのアーカイブみたいなものなので、
          今ではもう売っていない色や形のものも
          手に入れることが可能ですし、
          流行が関係ないので、長い期間着られます
           
          そんな風に、新しい服だけではなかなか表現しきれない
          フランス映画のイメージを、
          地球にも、自分にも、おサイフにも優しい古着を使って、
          楽しみながら、自分のスタイルに合った
          『普通にかわいい服』を一緒に探してみませんか?


          いままで古着に興味がなかった方、

          古着に興味はあったけれど
          どんなものを選んだら良いのか分からなかった方、

          ただ単純に、コーディネイトが苦手な方にも、
          『フランス映画のイメージ』で、
          すでにセレクトしてあり、
          コーディネイトもしてある
          フレンチ・シネマ・ホリックスでなら、
          自分に合うスタイルを見つけやすいのではないかと思います。

           
          古着を使って、
          『普通にかわいい自分らしいスタイルの服』を
          見つけることが出来るようになったら、
          巷に溢れてる流行の服に
          目移りすることもなくなります。

           
          そうすると、流行に流されることもなくなり、
          セール時期に買わないと損をするんじゃないかと
          ソワソワすることもなくなり、
          今まで洋服選びに使っていた時間もお金もエネルギーも
          節約できて、他の事に使えるようになり、自由が増えます。

           
          自分のスタイルを見つけけてしまえば、
          服選びも、コーディネイトも簡単になって、
          気持ちにも余裕が生まれ、

          自分に自信を持って、自分らしくいられるようになります。

           
          『古着』という新たな選択肢をプラスことによって、
          そんなお手伝いが出来たらと思い、
          このフランス映画的古着屋
          <フレンチ・シネマ・ホリックスfrench-cinéma-holics>
          作りました。

          もともと大好きな『古着』と『映画』で、
          何か、人に喜ばれることが出来ないものかと、
          数年前から考えていたので、
          いま、この様な形で、お店が出来て、
          本当にうれしく思っております。

           
          ブログを見て頂くだけでも、
          どんなものを選べばよいのか、
          どういうコーディネイトをすれば良いのかが
          分かっていくと思いますので、
          是非、楽しんでいただけたらと思います。


          一緒に、『かしこく、かわいく、いきましょう!』

          フランス映画的古着屋 フレンチ・シネマ・ホリックス French-cinema-holicsの
          ショップはこちらです!
           
          JUGEMテーマ:コーディネート
          にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布ナプキンへにほんブログ村にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
          にほんブログ村
          カジュアルファッション ブログランキングへ 布ナプキン ブログランキングへ

          手芸・ハンドクラフト ブログランキングへ


          profile

          search this site.

          selected entries

          categories

          archives

          calendar

          S M T W T F S
              123
          45678910
          11121314151617
          18192021222324
          252627282930 
          << June 2017 >>

          twitter

          facebookページ

          instagram インスタグラム

          にほんブログ村

          PVアクセスランキング にほんブログ村

          links

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM