オードリー・ヘップバーンが着ていそうな、上品で高級感がある、60年代風デザインのMICHEL KLEINミッシェルクランの黒ウール・ハーフコート 

0

    上質!美品!ほぼ新品!
    ミッシェルクランMICHEL KLEINの
    日本製の黒ウール・スタンドカラー・Aライン・
    ラグランスリーブ・ハーフコートです! 
    オードリー・ヘップバーンが着ていそうな、
    60年代風のデザインの上品なコートです。
    高級感があります。


    襟を開けた場合と、閉めた場合で、
    大分イメージが変わるので、
    二通り楽しめます。

    90年代後半〜2000年代前半位の物だと思われます。


    先日載せた、
    MK(エムケー)ミッシェルクランではなく、
    普通の(?)ミッシェルクランです!
    こちらがミッシェルクランの本家になります。
    (MKの方は、ミッシェルクランのカジュアルラインです。)

    この2つは、
    何が違うかというと、
    一番分かりやすく違うのは、
    元のお値段です。

    当たり前ですが、カジュアルなMKよりも、
    本家ミッシェルクランの方が高いです。

    価格が高いというのはどういうことかと言えば、
    やはり高級感があるということです。

    高級感があるというのは、
    デザインがより大人っぽく、
    縫製、パターンがより良いので、
    シルエットが綺麗で、
    生地も、より上質のものが使われています。

    MKはMKで、シンプルで着やすいデザインなのに、
    ミッシェルクランのエスプリも感じられるので、
    よくあるカジュアルブランドよりも、
    フランスっぽさがあって素敵ですし、
    普段使いしやすいです。
    ただ、少し高級感は薄いです。
    TPOで使い分けると良いかもしれませんね。

    生地が良いとは、具体的に言うと、
    この黒のウールは、
    上品な光沢がありますので、
    メリノウールではないかと思います。

    メリノウールは、メリノ種の羊からとれる羊毛のことで、
    繊維が細く、柔らかく、
    肌触りがチクチクしにくい、
    上品な艶がある高級ウールです。

    洋服用のブラシでブラッシングして、
    毛並みを整えると、
    本当に綺麗な艶が出るのです。
    ギラギラした下品な艶ではなく、
    上品な短毛の黒猫みたいな、マットでしっとりとした艶です。

    一日着て、
    お家に帰ってきたら、
    洋服用ブラシでブラッシングするという習慣をつけると、
    毛玉も出来にくくなりますし、
    艶も保てて、
    綺麗なコートに育っていきます。

    素材が良いと言うのは、
    こういった手入れ次第で、
    長く綺麗に使えるということです。

    やはり
    ポリエステルの割合が多い生地
    (ファストファッションに多い)では、
    すぐに固くて取りにくい毛玉が出来てしまいますので、
    長持ちしません。

    かしこく、かわいく、いきましょう。

    素材、ディティールの紹介:
    上質!美品!本家ミッシェルクラン、
    オードリー・ヘップバーンが着ていそうな、
    60年代風デザイン
    日本製の
    黒ウール・スタンドカラー・Aライン・
    ラグランスリーブ・ハーフコート
    90年代後半〜2000年代前半位の物だと思われます。

    襟を開けたのと、閉めたので、
    大分イメージが変わるので、
    二通り楽しめます。

    ブランド: MICHEL KLEINミッシェルクラン イトキン(株)
    素材:  表地 毛100%
    裏地 ポリエステル
    MADE IN JAPAN
    日本製

    サイズ:38
    Mサイズ(9号)くらい

    肩幅42cm(ゆったりフィット)
    身幅50cm(ゆったりフィット)
    袖丈64cm(ラグランスリーブなので、
    襟の付け根からの長さ。手の甲くらい)
    着丈78cm(156cmの私で、膝上10cmくらい)

    サイズはブランドによって違うのですが、
    これは、普段Mサイズを着られている方に丁度良いのではないかと思います。
    (参考サイズ表)

    古着品質レベル:V.ヴィンテージ
    90年代後半から2000年代初めのお品と思われます。
    使用感がなく、ほぼ新品。
    とても綺麗なお品です。

    古着品質レベルに関しては、こちら!をご確認ください。


    ※色について
    出来るだけ実際の色に近いように心がけておりますが、
    お使いのモニターによって色が違って見えてしまうことがあります。
    あらかじめご了承ください。

    どうしても色が気になる方はお問い合わせください。
    (例えば、ブルー寄りの冴えたピンクですとか、イエロー寄りのピンク(サーモンピンク)です、
    などと、イメージでお答えします。)

    はこBOONでの発送は、送料無料です!
    ただし、お届けに少し、日数がかかります。

    送料が高くても早く届けて欲しい方は、ヤマト運輸をお選びください。
    詳しくは、こちら!

    返品については、基本的には不可です。詳しくは、こちら!

    古着に関する、注意と利点は、こちら!に書いてますので、
    ご確認の上、ご検討いただけたらと思います。

     

    他の商品と比べたい方は、

    こちら!から

     

     

     

    にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村
    カジュアルファッション ブログランキングへ

    JUGEMテーマ:コーディネート


    ミラノから、はるばるやって来た、生地が良いシンプルコート。

    0

      90年代 VIATIVOLI イタリア製 
      ミラノから、はるばるやって来た、
      しなやかな織りのウール生地の
      シンプルなハーフコート 


      有名なブランドではないようなのですが、

      イタリアのミラノに 5店舗ほどお店があるブランドみたいです。

      こちらのHPのブランドだと思われます。

      ファッションの街ミラノで、
      90年代から今まで続いているお店のようなので、
      そこそこ固定のファンの方がいるお店なのではないでしょうか?

      日本での取り扱いはなかったようですし、
      品質表示はイタリア語のみで、
      英語すら書かれていないので、
      実際にミラノでお買い物された方が、
      出されたものなのではないかと思います。

      こういった、
      普通に日本にいては買えないはずものものが、
      巡り巡って、
      ここまでたどり着いたのかと思うと、
      感慨深いです。

      こういう出会いがあるのが
      古着の面白さでもありますよね。

      高級ブランドだけが、
      素敵な服なのではない。
      よく知られてはいないかも知れなのだけれど、
      素敵な服は、世界中にあるのですね。

      イタリア製のものの特徴としては、
      まず、生地が良い!

      ゆったりとしなやかに織られた生地が多い気がします。

      このコートの生地もそうで、
      白と黒のスラブ糸(細かったり太かったり凸凹と節がある糸)を
      交互に織ったツイード生地で、
      離れて見ると、グレー色に見えますが、
      近寄ると、ちゃんと、白と黒の糸で作られているのがわかります。

      しかも、細かったり太かったりする緩急がある(?)糸なので、
      とても表情があるふんわりとしなやかな生地になるのです。
      それが、とてもイタリアらしいというか。

      日本でも似た生地は作られているのですが、
      日本人の真面目さ故か、
      どこか、きっちりとし過ぎたものに出来上がってしまうのですね。

      カッティングもイタリアらしく、
      とてもソフトで着やすいです。

      実際に着たシルエットの印象は、
      割りと細身に見えるのですが、
      身幅が広くゆったりとしているので、
      着ぶくれせずに、
      とても動きやすいです。


      背中の所の裏地が、多めにとられていて、
      背中を丸める動きの時に突っ張らない様になっています。
      (最近、このやり方見ないですね〜)

      一見、とてもシンプルなコートなのですが、
      こういったイタリアらしいニュアンスのある服は、
      案外日本では見つけにくい気がします。

      古着ならばそれが可能なので、
      こういった楽しみ方も面白いのではないでしょうか?

      かしこく、かわいく、いきましょう。

      素材、ディティールの紹介:

      90年代 VIATIVOLI イタリア製 

      イタリアから、はるばるやって来た、

      しなやかな織りのウール生地のシンプルなハーフコート 

      スラブ・ツイード生地だと思います。
      白と黒の糸で、交互に織られています。

      ブランド: VIATIVOLI MILANO(イタリア ミラノにあるお店みたいです。)
      素材:  表地 80%LANA(毛80%)
      20%POLIAM.(ナイロン20%)
      MADE IN ITALY 
      イタリア製

      サイズ:42(表記イタリア・サイズ)
      日本サイズに換算すると11号くらいなはずなのですが、
      割りと小さめで、Mサイズ(9号)くらい

      肩幅42cm(ゆったりフィット)
      身幅55cm(ゆったりフィット)
      袖丈57cm(手首くらい)
      着丈97cm(156cmの私で、膝下くらい)

      サイズはブランドによって違うのですが、
      これは、普段Mサイズを着られている方に丁度良いのではないかと思います。
      (参考サイズ表)

      古着品質レベル:V.ヴィンテージ
      90年代のお品。
      数回着た感があるが、
      穴あき、破れ、色褪せ等の大きなダメージが無い。
      比較的綺麗なお品。


      古着品質レベルに関しては、こちら!をご確認ください。


      ※色について
      出来るだけ実際の色に近いように心がけておりますが、
      お使いのモニターによって色が違って見えてしまうことがあります。
      あらかじめご了承ください。

      どうしても色が気になる方はお問い合わせください。
      (例えば、ブルー寄りの冴えたピンクですとか、イエロー寄りのピンク(サーモンピンク)です、
      などと、イメージでお答えします。)

      はこBOONでの発送は、送料無料です!
      ただし、お届けに少し、日数がかかります。

      送料が高くても早く届けて欲しい方は、ヤマト運輸をお選びください。
      詳しくは、こちら!

      返品については、基本的には不可です。詳しくは、こちら!

      古着に関する、注意と利点は、こちら!に書いてますので、
      ご確認の上、ご検討いただけたらと思います。

       

       

      他の商品と比べたい方は、

      こちら!から

       

      にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村
      カジュアルファッション ブログランキングへ

      JUGEMテーマ:コーディネート


      お洋服のカテゴリーを変更しました!

      0

        今まで、お店の特徴を出そうと思って、

        カテゴリーを増やしていたのですが

        (ヴィンテージや、ちょっと良い新品の項目とか)、

        止めました。

         

        結局のところ、

        ヴィンテージだろうが、

        新品だろうが、

        探す時は、アイテム(コートとか、ワンピースとかね)で、

        探すな〜と、気付いたので。

         

        ですので、

        それぞれのアイテムと、

        コーディネート・セットと、

        スポーツ系に、

        カテゴリーを振り分けました。

         

        フランス手映画的古着屋

        フレンチ・シネマ・ホリックス・カテゴリー一覧

         

        カテゴリー以外で探したい場合、

        例えば、

        ヴィンテージだけを見たい場合は、

        右上の検索ボックスにヴィンテージと入れると出てきます。

        ヴィンテージ

         

        他にも、検索キーワードを入れると、

        大体、見つかると思います。

         

        どうぞよろしくお願いいたします。

         

         

         

         

         

         


        90年代、再発見!(11/23追加しました!)

        0

          最近、90年代の良さを見直しています。

           

          80年代は、分かりやすく高級なものを
          良いものとして着ていたみたいですけれど、
          ちょっと、肩に力が入っていたのではないかと思います。
          (実際、見た目的にも、肩パットが入っていて、
          肩肘張ってますし!)

           

          90年代は、もうちょっと力を抜いて、
          一見、カジュアルだったり、
          シンプルなデザインでも、
          実は良い素材を使っていて高級感があるものを、
          さらっと着こなしていた様な気がします。
          ストリート感覚も強かったですしね。

           

          カジュアルなものや、シンプルなものに、
          お金をかけていた時代と言いますか。

           

          かといって、
          ちょっと前に話題になった
          ノームコアともまた違う。

           

          ノームコアは、究極にシンプル過ぎて、
          どこのブランドのものなのか、
          特徴が分からなくなるくらいだったのですが、
          『90年代のシンプル』は、
          もっと『ブランドの特性』がありました。

           

          それぞれのブランドが

          『独自に考えたシンプル』と言いますか。


          ですから、結果的に、
          出来上がった『シンプル』が全く別の物になる。

           

          この間まで、
          90年代をヴィンテージとして扱うかどうか、
          迷っていました。

           

          しかし、考えてみましたら、もう20年も経っていますし、
          90年代は、ファストファッションが台頭する前なので、
          『日本製』の製品が多くて、
          日本で縫製した、
          質の高いものがとても多かったのです。

           

          海外ブランドの物でも、
          ライセンス商品として日本で縫製しているものが多くて、
          しかも、本国ブランドの物よりも質が良かったのです。
          (まあ、元のブランドのニュアンスが消えてしまっていることも、

          たまにありましたが、
          縫製に関しては、とてもレベルが高かったです。)

           

          つまりは、90年代の服は、
          『カジュアル&シンプルながら、
          素材、縫製、デザインが大変良くて、
          しかし20年経っているから、
          段々手に入りにくくなっている商品』
          だという事です。

           

          今、『日本製』が見直されてきていますが、
          この20年の間に廃れてきてしまった技術を
          本当に取り戻すのには、
          もうちょっと時間がかかる気がします。

           

          他の製造業みたいに、
          金型があってそれに当てはめて作るわけではないので、
          再開したからといって、
          すぐに昔みたいにはならないのです。

           

          縫製というのは、
          ミシンという機械を使っていながら、
          布と言う柔らかく、
          形が自由になる素材を使っているのて、
          結局の所、案外、
          人の手による技術が無いと作れないものなのです。

           

          まだまだ、若い職人さんが育つのには、
          もうちょっと時間がかかるでしょう。

           

          それに気付いたので、
          十分にヴィンテージとして扱って良いと考えるようになりました。

           

          トレンド的にも90年代が注目されているようで、

          ファストファッションでも

          90年代風のデザインの物が売っていたりしますが、

          やっぱり、ちょっと安っぽいです。

          (実際に安いので仕方ないのですが。。。)


          本物の90年代の物は、縫製や素材のお陰で、

          本当に品質が高いです。

          (当時も、お値段も高かったですし。)

           

          また、日本の技術が戻ってくるまでは、
          90年代の古着で楽しむのも良いのではないでしょうか?

           

          着てみると、違い、良さがよく分かりますよー。

           

          追記:

          今回、

          『90年代は日本製が多かったので、縫製の技術が高かった』

          という話がメインだったのですが、

          A.P.C.アーペーセーなどのフランスのブランドは、

          当時、『フランス製』の物が多かったです。

          (もちろん、フランスも技術が高いです。

          ただ、持ち味が日本とは違います。

          日本はきっちり正確に。

          フランスはもっと柔らかい感じです。

          しかし、生地の特性などをよく掴んでいて、上手い。)

           

          これも多分、同じような事情で、

          90年代は、世界的に、お洋服にお金をかけていた時代だったので、

          人件費を削らずに、フランスで生産出来ていたのだと思います。

           

          今のA.P.C.の商品は、フランス製のものがあまりないみたいですね…

          やはり、ファストファッションの影響は大きいのかもしれませんね。

          (高い商品が売れる数自体が減っているので、

          少ない商品で利益を上げるとなると、

          素材のレベルを下げたり、

          人件費を減らすことになりがち。)

           

          今ある90年代のものは、こちらです!

          (11/23追加しました!

          また、増えたら、随時、載せて行きますね〜。)

           

           

          90年代

          MKミッシェルクランMK MICHEL KLEIN PARIS

          小豆色 ウール・ロングマキシ丈・チェスター・コート

           

           

           

          90年代のY's bis iwish

          ナポレオンカラー(襟)

          カーキ色 ウールロング・コート

           

           

           

          黒オーガンジー・スパンコール刺繍 ワンピース

           

           

          A.P.C. アーペーセー 

          90年代フランス製 濃カーキ色 

          コットン・ニット素材ジャケット

           

           

          90年代NICOLE CLUBニコルクラブのシンプルGジャン

           

          90年代フランス製 

          アーペーセーA.P.C.

          シンプルVネック ペール・イエローのシルク(表地も裏地も!)

          ワンピース・ドレス

           

          新アメリ

          ドット・ブラウス、赤カーディガン、ポルカドット・スカート

          3着コーディネート・セット

           

          新アメリ\屮譟璽后Εーディガン、

          黒 ドット・ワンピース、

          ダークグリーン・ブラウスの3着コーディネート・セット

           

          にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村
          カジュアルファッション ブログランキングへ

           


          『外套(がいとう)』と言いたくなるような、クラシカルで綺麗な小豆色の、マキシ丈のロング・コート。90年代MKミッシェルクラン

          0

            90年代 MKミッシェルクランの
            とても綺麗な小豆色の
            クラシカルな
            ウール・ロングマキシ丈・チェスター・コート 
            本当にとても綺麗な色です。
            マキシ丈なので、
            歩くたびに裾が揺れてドラマティック!



            マキシ丈(超ロング)のコートって、
            流行っている時は見かけますが、
            それ以外になると急にお店からなくなるので、
            マキシ丈が好きな方は、
            困っちゃいますよね。

            流行りと違って、
            洋服の好みは、
            それほどの早さでは変化するわけないのに。

            そんな方は、
            古着でマキシ丈コートを楽しみましょう!

            これは、コートというよりは、
            『外套』と言いたくなるような、
            クラシカルなデザインで、
            とても綺麗な色です。

            写真にすると、もしかすると、
            色がわかりにくいかもしれませんが、
            本当に綺麗な小豆色です。
            (モニターによっては、
            茶色寄りのチョコレート色に見えてしまうかもしれませんが、
            赤紫と茶色を合わせたような、小豆色。)

            こんな綺麗な色の
            マキシ丈ウール100%のチェスター・コート、
            いかがですか?

            MKミッシェルクランらしい、
            メンズかと思うくらい、
            特に装飾のない、スッキリしたデザインと、
            縦長のラインのお陰で、
            着ると、すっきりと背が高く、細身に、見えますよ〜。

            同じブランドなので、
            前に出していた、黒のマキシ丈のコート(ベアトリス)と、
            ちょっと雰囲気が似ていますね。

            ある意味、流行に関係なく、
            ベーシックな形だと思うのですが、
            流行ってないと、本当に見かけなくなりますよね。
            不思議です。

            かしこく、かわいく、いきましょう。

            素材、ディティールの紹介

            MKミッシェルクランMK MICHEL KLEIN PARIS

            小豆色 ウール・ロングマキシ丈・チェスター・コート

            生地は、ウールメルトン生地だと思います。
            見た目よりも軽いです。
            (良いコートは、何故か、軽い!)

            ブランド: MK MICHEL KLEIN PARIS MKミッシェルクラン ((株)イトキン)
            素材:  表地 毛100%
            裏地 ポリエステル

            サイズ:38(表記) Mサイズくらい
            肩幅38cm(ナチュラルにフィット)
            身幅48cm(ナチュラルにフィット)
            袖丈59cm(手の甲が隠れるくらい)
            着丈128cm(156cmの私で、足首くらい)

            サイズはブランドによって違うのですが、
            これは、普段Mサイズを着られている方に丁度良いのではないかと思います。
            (参考サイズ表)

            古着品質レベル:V.ヴィンテージ
            90年代のお品。
            数回着た感があるが、
                  穴あき、破れ、色褪せ等の大きなダメージが無い。
                  比較的綺麗なお品。


            古着品質レベルに関しては、こちら!をご確認ください。


            ※色について
            出来るだけ実際の色に近いように心がけておりますが、
            お使いのモニターによって色が違って見えてしまうことがあります。
            あらかじめご了承ください。

            どうしても色が気になる方はお問い合わせください。
            (例えば、ブルー寄りの冴えたピンクですとか、イエロー寄りのピンク(サーモンピンク)です、
            などと、イメージでお答えします。)

            はこBOONでの発送は、送料無料です!
            ただし、お届けに少し、日数がかかります。

            送料が高くても早く届けて欲しい方は、ヤマト運輸をお選びください。
            詳しくは、こちら!

            返品については、基本的には不可です。詳しくは、こちら!

            古着に関する、注意と利点は、こちら!に書いてますので、
            ご確認の上、ご検討いただけたらと思います。

             

            他の商品と比べたい方は、

            こちら!から

             

            にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村

            カジュアルファッション ブログランキングへ


            着るだけでパワーを感じるウールコート。素敵な女性になったような気がした。

            0

              90年代 Y's bis iwish 
              ワイズ・ビス アイウィッシュ 
              ナポレオンカラー(襟) カーキ色 
              ウールロング・コート 
              今現在、山本耀司さんの長女の
              里美さんがされている
              Limi feu リミフゥの前身のブランドです



              先日、
              『本当にコレは良い!素晴らしい!本当は自分が着たい!』
              と思うものほど、
              クオリティーが高いので、
              結局、商品にしてしまう(ので、私はお洒落じゃなくなった)
              という話を、ブログに書いたのですが、
              この商品がまさしく、
              そういった商品です。

              1.90年代!
              2.ウール ロング・コート!
              3.日本製!
              4.珍しいブランド!
              5.状態も良い。(ヴィンテージの割に)
              という、5つの条件を備えた物は
              そう簡単には見つからないのです。

              ですので、
              本当は自分のものにしたい!
              けれど、こういうものこそ、
              やっぱり商品だわ!
              ということで、
              ここに出しています。

              こういった商品に巡り会えたのは、
              運と、
              それが良いものだと
              見極められる洋服の知識によるものです。

              運だけでも駄目で、知識だけでも駄目。
              両方揃ってやっと叶いやすくなります。

              知識は、元々、服飾の勉強をしてきました。
              (デザイン、パターン(型紙)、縫製などの勉強を、
              日本で三年間、フランスで二年間、服飾学校でしました。
              フランスでは研修も。)

              それと、古着を買い続けることで、
              ブランドの知識も増やしてきました。
              (古着を買い続けていると、
              何故か、良いものに出会う運も
              上がってくるような気がするのが不思議なのですが…
              確率の問題?)

              現行のLimi feu リミフゥでしたら、
              今後も結構出ると思うのですが、
              90年代のY's bis iwishのもの、
              しかもウール コートは、なかなか出ないと思うのです。
              (虫食いがしやすい為)

              しかし、このコートはもちろん、
              手に入りにくいから素晴らしいのではなくて、
              やはり、コートとして素晴らしいのです。

              まず、色。
              とても綺麗な濃いカーキ色です。
              こういった、曖昧な色の生地を作るには、
              とてもセンスが問われます。

              襟がナポレオンカラーといって、
              上部は根本が立ち上がった襟で、
              下部はラペルになっています。

              ナポレオン(ボナパルトね)時代の軍服が、
              こういった形なので、こう呼ばれています。

              カーキ色で、
              襟もナポレオンカラーで大きめですし、
              割りと肩幅も広めで、
              ミニタリーの雰囲気も少しあるのですが、
              ウエストが絞られているせいか、
              着てみると、
              案外、女性らしいシルエットです。

              どんな体型の人が着ても、
              スタイルが良くみえる形ですね。

              私は、試着してみた時、
              自分が、急に、
              素敵な女性になったような気がしました。
              そういう気分にさせる、パワーが有る服だと思います。
              (こういうパワーがある服は、
              最近あまりなくなってしまったのではないかな?と思う。)

              有名ブランドにありがちな、
              奇抜さや、着にくさは無くて、
              ある意味、流行に左右されない、
              普遍的なシルエットだと思います。


              もちろん、日本製なので、
              縫製も丁寧で正確です。
              (本当に、今は、日本にこの技術がなくなってきてしまいました。)

              前にも、ブログで90年代の良さを言いましたが、
              コレだけのクオリティーのものを、
              今、作るのは、ちょっと難しい気がします。

              消費者も、
              これほどのクオリティーを求めない、といいますか、
              ファストファッションに慣れてしまって、
              パワーや、こだわりがある服を、知らない人が増えたので、
              結果、作っても売れないので、作らないという、
              悪循環が起きている気がします。

              そもそも、ウール・ロングコート自体が、
              生地のコストがかかるの上に、縫製の技術も必要で、
              どうしても価格も高くなってしまうので、
              作られなくなってきました。
              (ですので、絶滅危惧種!)

              しかも、軽くて便利なダウン(風の中綿)コートが、
              主流になってきてしまったので、
              ますます、売れないので作らない。
              なので、技術も廃れる、
              という悲しい、二重三重の悪循環が…

              最近、やっと、
              日本製の良さが見直されてきましたが、
              若い職人さんが育つまでには、
              まだ時間がかかりそうです。

               

              ですので、古着で、
              その当時のクオリティを楽しんでみませんか?

               

              しかも当時の値段よりはお得に手に入るので、
              今は、こういった楽しみ方も良いのではないかと思っています。

               

              ウールの割合が多いものは、
              毛玉が出来たとしても、とても柔らかい毛玉ですので、
              ブラッシングすると、綺麗に取れます。

              ですので、手入れ次第では、長く着ることができます。

              こういった素材でのお洋服の選び方も、
              なかなか賢い選択だと思います。

              ダウン(風の中綿)コートが悪いわけでも、
              ファストファッションが悪いわけでもありません。

              ただ、素敵なウールコートも、
              それを作る技術も廃れて欲しくありません。

              古着を通して、
              かつてあった、素敵な服を、
              知ってもらったり、思い出して欲しいです。

              そして、また、日本の技術が戻ってくるのを、
              楽しみながら待ちましょう!
              そんなお手伝いが出来たらと思っております。

              かしこく、かわいく、いきましょう。

              素材、ディティールの紹介

              90年代のY's bis iwish

              ナポレオンカラー(襟)

              カーキ色 ウールロング・コート

              襟がナポレオンカラーといって、
              上部は根本が立ち上がった襟で、
              下部はラペルになっています。

              カーキ色で、
              襟もナポレオンカラーで大きめで、
              割りと肩幅も広めで、
              ミニタリーの雰囲気も少しあるが、
              ウエストが絞られているせいか、、
              案外、女性らしいシルエットです。

              生地は、ウールメルトン生地だと思います。
              見た目よりも軽いです。
              (良いコートは、何故か、軽い!)

              ブランド: iwish Y's bis (Y's bis Co., Ltd)
              素材:  表地 毛90% ナイロン100%
              裏地 キュプラ100%
              日本製
              サイズ:サイズ表記がないのですが、Mサイズくらい
              肩幅42cm(広め)
              身幅57cm(ゆったり。ウエストは絞られています。)
              袖丈59cm(手の甲が隠れるくらい)
              着丈100cm(156cmの私でふくらはぎくらい)

              サイズはブランドによって違うのですが、
              これは、普段Mサイズを着られている方に丁度良いのではないかと思います。
              (参考サイズ表)

              古着品質レベル:V.ヴィンテージ
                       90年代のお品。
                        少し使用感があるが、
                          穴あき、破れ、色褪せ等の大きなダメージが無い。
                          まだまだ十分に着ていただけるお品。

              古着品質レベルに関しては、こちら!をご確認ください。


              ※色について
              出来るだけ実際の色に近いように心がけておりますが、
              お使いのモニターによって色が違って見えてしまうことがあります。
              あらかじめご了承ください。

              どうしても色が気になる方はお問い合わせください。
              (例えば、ブルー寄りの冴えたピンクですとか、イエロー寄りのピンク(サーモンピンク)です、
              などと、イメージでお答えします。)

              はこBOONでの発送は、送料無料です!
              ただし、お届けに少し、日数がかかります。

              送料が高くても早く届けて欲しい方は、ヤマト運輸をお選びください。
              詳しくは、こちら!

              返品については、基本的には不可です。詳しくは、こちら!

              古着に関する、注意と利点は、こちら!に書いてますので、
              ご確認の上、ご検討いただけたらと思います。

               

              他の商品と比べたい方は、

              こちら!から

               

              JUGEMテーマ:古道具*レトロ雑貨*こども服*ハンドメイド*アンティーク*古本*古着*骨董*その他雑貨などのお店情報

              JUGEMテーマ:コーディネート

              にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村
              カジュアルファッション ブログランキングへ


              古着屋を始めてから、私はお洒落じゃなくなった…気がする…

              0

                なぜなら、私が、

                『本当にコレは良い!素晴らしい!本当は自分が着たい!』

                と思うものほど、

                クオリティーが高いので、

                結局、商品にしてしまうからです。

                 

                それで、自分が着るものは、それ以外のものなので、

                商品にするにはちょっと…というものになってしまいます。

                 

                ですので、古着屋を始める前の方が、

                私はお洒落だったと思う。

                 

                考えてみると、布ナプキンもそうで、

                私自身は、売り物にならない、

                サンプルやB級品を使うので、

                みなさんが使っている

                完全な商品を使った事がないのです。

                (自分で縫ったサンプルや、

                工場で作ったもので縫製が曲がっているとかの物を使っている。

                機能的には、ほぼ同じ位なので、完成品の想像はつきますが。)

                 

                ですので、実は、

                うちの布ナプキンの本当の良さを知っているのは、

                皆さんの方かもしれません。

                 

                でもまあ、それで良いのです。

                『紺屋の白袴』ですね。

                 

                紺屋とは、染めをする職人さんの事です。

                職人さんは、自分の袴を染めないで、

                白袴のまま履いてる、という意味です。

                 

                専門としていることに対して、

                自分には、案外、顧みないという例えですね。

                 

                『医者の不養生』『髪結い髪結わず』等と同じですね。

                 

                真剣にやると、何でもそうなりますよねえ。

                 

                でも、自覚はあるんだから、

                特に人と会う時くらいは、気をつけなくては!

                 

                古着屋の場合、

                ある意味、

                自分が広告塔でもあるという意識を忘れずに!ですね。

                 

                『あなたが着ている服みたいに、素敵な服を売っているのね!』

                と思わせられるようにならなくては。

                 

                しかし、それでもやっぱり、

                本当に良いと思ったお洋服は、

                自分が着るよりも、

                それを必要と思っている人に届けたい〜!

                 

                ああ、このジレンマ!

                 


                大幅値下げ! アクアガールaquagirl/クローラCROLLA 赤ウール ステンカラー ロング・コート はこBoon送料無料!

                0

                  特に特定の映画のイメージはないのですが、
                  シンプルな形の、赤のウール ロング・コートです。
                  案外、こういうシンプルなコートって、
                  探すとなかなか見つかりませんね。
                  (赤のコートだと、
                  甘めのデザインでちょっと子供っぽいものか、
                  ダッフルコートやPコートが多いかな〜?と思います。)

                   



                  映画のイメージはないのだけれど、
                  赤のウール・コートって、
                  ちょっとドラマチックですね。

                  中綿が入ったものや、ダウン系のアウターは、
                  軽くて暖かくて、とても便利だと思うのですが、
                  やはり、ウールコートは、
                  エレガンスだと思うのですよ。

                  しかも、これは、赤のウール・ロングコート!
                  (なかなか、見つからない!)

                  これを着るだけで、
                  普段の装いが、華やかになりますよ〜。

                  しかし、とてもシンプルな形なので、
                  甘くはなり過ぎず、とても着やすいコートだと思います。

                  ただ、サイズ38(Mくらい)の表記ながら、
                  結構、細身なので、
                  普段Mサイズの私は、ちょっとキツ目でした。
                  (私は背が低いが、ガッチリ体型)

                  中に着る物を薄くしたらボタンも留まりますし、着れますが、
                  ちょっと動きにくい感じです。

                  ですので、
                  普段Sサイズをお召の方や、
                  普段Mサイズでもスレンダーな方が丁度良いのではないかと思います。

                  今後、ファスト・ファッションがさらに進んでいくようなら、
                  こういったウール・ロング・コートは、
                  ますます手に入りにくくなっていくでしょうね。(絶滅危惧種!)

                  良い生地で、生地を沢山使うという事は、
                  一番コストがかかってしまうので。

                  一見ウールライクの物でも、
                  ポリエステルの割合が多いもの
                  (40%とか50%とか。下手するとポリエステル100%!)が
                  ファストファッションでは、沢山あります。

                  こういったものは、硬い毛玉ができやすく(硬いのでなかなか取れない)、
                  すぐに古びて見えてしまいます。(下手するとワンシーズン)

                  ウールの割合が多いものは、
                  毛玉が出来たとしても、とても柔らかいので、
                  ブラッシングすると、綺麗に取れます。

                  ですので、手入れ次第では、長く着ることができます。

                  日本製のものも、大分、少なくなってきましたね。
                  (やはり、縫製が丁寧だと感じます)
                  『日本製』も、絶滅危惧種なのでしょうか?

                   

                  こういった素材や、

                  日本製などでのお洋服の選び方も、
                  なかなか賢い選択だと思いますよ。

                  かしこく、かわいく、いきましょう。

                  素材、ディティールの紹介
                  襟も、普通のステンカラーで、ポケットはシンプルなフラップなし、
                  ベルトもボタン留めのシンプルなものです。

                  このシンプルさ、
                  なかなか珍しいのでは無いかと思います。
                  (世の中、デザイン過剰の物が多いのです。。。)

                  表地 毛90%
                  ナイロン10%

                  裏地 ポリエステル100%

                  日本製

                  Crolla(アクアガールのブランドの様です)
                  株式会社ワールド

                  サイズ:38(表記)けれども、少し細身のデザインなので、普段Sサイズの方や、
                  サイズMでも細身の方にお勧めです。

                  着丈:102僉平板坑隠毅境僂里錣燭靴着て、膝下10cmくらいの丈)
                  肩幅:38僉淵淵船絅薀襪縫侫ット)
                  身幅:35僉丙擔箸任后)
                  袖丈:60僉併笋肋柄なので、手の甲が半分隠れるくらい)

                  サイズはブランドによって表記と、実際の大きさが違う事もあるですが、
                  こちらは、大体、普段、7号(7AR)、Sサイズが合う方や、
                  Mサイズでも、細身の方に着ていただけると思います。
                  (参考サイズ表)

                  古着品質レベル:1.大変綺麗

                            ほんの数回だけ着用し洗濯した感はあるが、
                            とても綺麗なお品です。



                  古着品質レベルに関しては、こちら!をご確認ください。


                  ※色について
                  出来るだけ実際の色に近いように心がけておりますが、
                  お使いのモニターによって色が違って見えてしまうことがあります。
                  あらかじめご了承ください。

                  どうしても色が気になる方はお問い合わせください。
                  (例えば、ブルー寄りの冴えたピンクですとか、イエロー寄りのピンク(サーモンピンク)です、
                  などと、イメージでお答えします。)

                  はこBOONでの発送は、送料無料です!
                  ただし、お届けに少し、日数がかかります。

                  送料が高くても早く届けて欲しい方は、ヤマト運輸をお選びください。
                  詳しくは、こちら!

                  返品については、基本的には不可です。詳しくは、こちら!

                  古着に関する、注意と利点は、こちら!に書いてますので、
                  ご確認の上、ご検討いただけたらと思います。

                   

                  他の商品と比べたい方は、

                  こちら!から

                   

                  JUGEMテーマ:古道具*レトロ雑貨*こども服*ハンドメイド*アンティーク*古本*古着*骨董*その他雑貨などのお店情報

                  JUGEMテーマ:コーディネート

                  にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村
                  カジュアルファッション ブログランキングへ


                  大幅値下げ!フレンチ・コネクション 黒ウール・ハーフ・コート←売り切れました!

                  0


                    特に特定の映画のイメージはないのですが、
                    60年代のロンドンっぽいデザインの
                    黒のウールのハーフ・コートです。

                    ボタンを留めた場合と、
                    留めない場合のイメージが結構変わるので、
                    二通りの表情があって、
                    違うコートの様に使えてお得感があります!



                    このコートは、
                    フレンチ・コネクションと言う名前の
                    イギリスのブランドです。
                    (まぎらわしいですね!)

                    70年代のイギリスで誕生したブランドなのですが、
                    デザイナーがフランス人が多かったとかで、
                    この名前とか。

                    イギリスらしさとフランスっぽさが上手い事ミックスしていて、
                    とても使いやすいブランドで、
                    私もパリ留学時代も、大好きでした。

                    パリの店舗よりも、
                    ロンドンの店舗の方が品揃えが良かったので、
                    ロンドンへ行ったときは、必ず行っていました。
                    というよりも、
                    ここに行くためにロンドンに行っていたのかも?!

                    日本に帰って来てからも、
                    このブランドがあるのを知って、とてもうれしかったです。

                    2010年に一度撤退したのですが、
                    また2011年に復活したようですね。

                    撤退前の2001年〜2010年は、
                    フレンチコネクション・ジャパンとして
                    日本法人でやっていたようです。

                    このコートは日本製なので、
                    2001〜2年位に作られたものでは?思います。
                    (2000年代に入ると、段々日本製が少なってくるので、
                    初めの方かな?と推測。)

                    その後、復活したのは、
                    輸入品のフレンチ・コネクションだと思うので
                    (GAPやH&Mと同じように、世界中同じ商品展開)、
                    今となっては、
                    日本製のフレンチコネクションは、貴重ですね。

                    やはり、日本製の物は、縫製が丁寧で、
                    日本人の体形に合わせて作られていて、
                    良いですよ〜。

                    しかも、今後ファストファッションがもっと進んでいくようでしたら、
                    こういった、本物のウールコート(しかも日本製!)が
                    今後、ますます手に入りにくくなるでしょうね。(絶滅危惧種!)

                    なぜなら、とても生地のコストがかかるのと、
                    縫製の技術が必要だからです。

                    一見ウールライクの物でも、
                    ポリエステルの割合が多いもの
                    (40%とか50%とか。下手するとポリエステル100%!)が
                    ファストファッションでは、沢山あります。

                    こういったものは、硬い毛玉ができやすく(硬いのでなかなか取れない)、
                    すぐに古びて見えてしまいます。(下手するとワンシーズン)

                    ウールの割合が多いものは、
                    毛玉が出来たとしても、とても柔らかいので、
                    ブラッシングすると、綺麗に取れます。

                    ですので、手入れ次第では、長く着ることができます。

                    こういった素材でのお洋服の選び方も、
                    なかなか賢い選択だと思いますよ。

                    生地は、特に表記がないのですが、
                    スラブ・ツイードかな?と思っています。

                    スラブ糸は、
                    あまり強く撚っていない太い部分と、
                    撚っている細い部分がランダムになっている糸で、
                    表面がボコボコとしていて、表情のある生地になります。

                    この生地のお蔭か、
                    見た目よりも軽いコートです。
                    (良いコートは、何故か、軽い!)

                    かしこく、かわいく、いきましょう。

                    素材、ディティールの紹介

                    前身頃から衿にまでボタンが付いていて、開けると大きなステンカラー、
                    閉めるとロールカラーになるので、二通りの表情が楽しめます。
                    かなりイメージが変わるので、違う二つのコートみたいで、お得感がありますね。

                    生地は、スラブ・ツイードかな?と思っています。
                    表面がボコボコとしていて、表情のある生地になります。

                    この生地のお蔭か、
                    見た目よりも軽いコートです。
                    (良いコートは、何故か、軽い!)

                    ブランド:French Connection (株)フレンチコネクションジャパン
                    素材:  表地 毛100%
                    裏地 ポリエステル100%
                    日本製
                    サイズ:8(表記)日本のMサイズくらい
                    肩幅37cm(ナチュラルにフィット)
                    身幅47cm(ナチュラルにフィット)
                    袖丈63cm(手の甲が隠れるくらい)
                    着丈86cm(156cmの私で、膝丈)

                    サイズはブランドによって違うのですが、
                    これは、普段Mサイズを着られている方に丁度良いのではないかと思います。
                    (参考サイズ表)

                    古着品質レベル:1.大変綺麗
                    ほんの数回だけ着用した感はあるが、
                    とても綺麗なお品です。


                    古着品質レベルに関しては、こちら!をご確認ください。


                    ※色について
                    出来るだけ実際の色に近いように心がけておりますが、
                    お使いのモニターによって色が違って見えてしまうことがあります。
                    あらかじめご了承ください。

                    どうしても色が気になる方はお問い合わせください。
                    (例えば、ブルー寄りの冴えたピンクですとか、イエロー寄りのピンク(サーモンピンク)です、
                    などと、イメージでお答えします。)

                    はこBOONでの発送は、送料無料です!
                    ただし、お届けに少し、日数がかかります。

                    送料が高くても早く届けて欲しい方は、ヤマト運輸をお選びください。
                    詳しくは、こちら!

                    返品については、基本的には不可です。詳しくは、こちら!

                    古着に関する、注意と利点は、こちら!に書いてますので、
                    ご確認の上、ご検討いただけたらと思います。

                    他の商品と比べたい方は、

                    こちら!から

                     

                    にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村
                    カジュアルファッション ブログランキングへ


                    男前な女物ジャケット!90年代 フランス製 A.P.C.アーペーセー 濃カーキ色コットン・ニット・ジャケット

                    0

                      90年代のA.P.C. アーペーセー 
                      黒に近いほど濃いカーキ色の

                      コットン・ニット素材のジャケットです。

                      軽く起毛してある生地なので、
                      ソフトで、ちょっとしっとりしたような質感で、
                      体になじんで着やすいです。



                      とてもシンプルなジャケットなのですが、
                      やはり、なにかが違う!
                      さすがA.P.C.アーペーセー。

                      まず女物で、
                      ここまで無駄をそぎ落とした、
                      男物の様な形で、
                      装飾の無いジャケットをを見つけるのが難しいです。

                      でしたら、男物を着れば?
                      と思う方もいるかもしれませんが、
                      男物ですと、肩幅がまず合わない。
                      胸があるから、前丈が足りなくなって、
                      前身頃がずり上がってしまって、
                      なかなか格好良く着れないのです。
                      (オーバーサイズの物をざっくり着るのだったら、
                      可能な場合もあります。)

                      この様に、
                      女性の体にフィットしていて、
                      それでいて、メンズライクな服がとても上手ですね、
                      A.P.C.は。

                      あと、この色!
                      黒に近いほど、
                      濃いカーキ色。
                      あまり見た事がない色です。

                      フランスは、こういったニュアンスのある強い色
                      (カーキ色やグレー等)のバリエーションがとても多いです。

                      日本ですと、
                      なんとなく生地屋さんが提案する色の中から選ぶ感じなのですが、
                      フランスでは、デザイナー自身が、
                      オリジナルの色を指定しているのではないかと思います。


                      このアメリのセットのドット・ワンピースの
                      透けていない部分が真っ黒なのですが、
                      黒との絶妙な違いが分かっていただけますでしょうか?

                      こういった渋くて綺麗な色は、
                      写真ではなかなか表現し難いのですが、
                      とても綺麗な色で、
                      割と何にでも合わせやすいです。

                      むしろ真っ黒よりもニュアンスがあるので、
                      柔らかいイメージになります。

                      割と、フェミニンな格好に合わせると、
                      甘辛mixになって、格好良いです。
                      (写真のアメリのワンピースにも合っていますね!
                      これが黒のジャケットでしたら、全身真っ黒になって、
                      重くなりすぎてしまいます。)


                      ニットと言う伸びる素材なのに、
                      キッチリ合わせて縫ってあるのも、私的にはツボです。
                      (この写真で分かっていただけますか?
                      襟の裏の切り替えが、ぴったり合っています。)

                      最近のA.P.C.の物は、
                      フランス製ではないものが多いようです。

                      こちらは90年代のA.P.C.ですので、
                      フランス製です。

                      生地も、縫製も、とてもしっかりしております。

                      ファストファッションが台頭ている現在は、
                      もう、こういったものは手に入りにくくなってきていますし、
                      今後、さらに難しくなって行くでしょう。

                      昔の定価ですと、5〜6万円はするお品だと思います。

                      古着は流行に関係なく、長い期間着れますので、
                      結果的にエシカルだと思います。

                      かしこく、かわいく、いきましょう。

                      素材、ディティールの紹介:

                      A.P.C.アーペーセー 
                      90年代フランス製 濃カーキ色 ニット素材ジャケット

                      袖が長めで切りっぱなしになっているので、
                      二回折ると丁度良い感じです。
                      (長めがお好きな方はそのままで!)

                      軽く起毛してある生地なので、
                      ソフトで、ちょっとしっとりしたような質感で、
                      体になじんで着やすいです。

                      ブランド:A.P.C.アーペーセー((株)イーストバイウエスト)
                      素材: 綿100%
                      フランス製
                      サイズ:サイズM

                      肩幅 約37cm (ナチュラルにフィット)
                      身幅 約48cm(ナチュラルにフィット)
                      袖丈 二つ折りした状態で57cm (手首くらい)
                      伸ばした状態で約63cm(手の甲が隠れる長さ)
                      着丈 約58cm
                      (156cmの身長の私で、腰骨が隠れて、
                      ヒップの上部にかかる位の長さ。)

                      サイズはブランドによって違うのですが、
                      これは、普段Mサイズを着られている方に丁度良いのではないかと思います。
                      (参考サイズ表)

                      古着品質レベル:V.ヴィンテージ 
                      90年代のお品。
                      ほんの少し使用感があるが、
                      穴あき、破れ等のダメージが無く綺麗。
                      まだまだ十分に着ていただけるお品。


                      古着品質レベルに関しては、こちら!をご確認ください。


                      ※色について
                      出来るだけ実際の色に近いように心がけておりますが、
                      お使いのモニターによって色が違って見えてしまうことがあります。
                      あらかじめご了承ください。

                      どうしても色が気になる方はお問い合わせください。
                      (例えば、ブルー寄りの冴えたピンクですとか、イエロー寄りのピンク(サーモンピンク)です、
                      などと、イメージでお答えします。)

                      はこBOONでの発送は、送料無料です!
                      ただし、お届けに少し、日数がかかります。

                      送料が高くても早く届けて欲しい方は、ヤマト運輸をお選びください。
                      詳しくは、こちら!

                      返品については、基本的には不可です。詳しくは、こちら!

                      古着に関する、注意と利点は、こちら!に書いてますので、
                      ご確認の上、ご検討いただけたらと思います。

                       

                       

                      他の商品と比べたい方は、

                      こちら!から

                       

                      カジュアルファッション ブログランキングへ

                      JUGEMテーマ:古道具*レトロ雑貨*こども服*ハンドメイド*アンティーク*古本*古着*骨董*その他雑貨などのお店情報



                      profile

                      search this site.

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << December 2016 >>

                      twitter

                      facebookページ

                      instagram インスタグラム

                      にほんブログ村

                      PVアクセスランキング にほんブログ村

                      links

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM